NPO法人 日本野鳥の会鳥取県支部
ケガをした野鳥を  見つけたら・・・   鳥取県は海、山、湖沼などの多様な自然環境に恵まれ、身近な所にたくさんの野鳥が生息しています。「NPO法人 日本野鳥の会鳥取県支部」は、1992年の支部結成以来、地域に密着した野鳥観察・保護活動を続けてきました。
 当支部では県内の東部、中部、西部の三か所でそれぞれ月一回の野鳥観察会(探鳥会)を実施しています。お近くの探鳥会に参加して美しい野鳥の世界に触れてみませんか。


 
あなたは
        人目のお客様です

         (since 2011/10/10)
 
 

オオワシ  鳥取市湖山池  '08/02/09  by M

    掲示板 「この子、だれの子?」  「お知らせ」

・緊急連絡! 2/12の中部地区の船上山探鳥会は中止!
 (2017.2.11)
 この大雪で現地までの交通の混乱が予想されるため、2/11の船上山探鳥会は中止します。
 皆様、除雪や車の運転の際に、雪による事故等を起こされないよう、十分にご注意ください。


1/8に天神川河口で新年合同探鳥会を開催しました。
(2017.1.14)
 
新年恒例の合同探鳥会を中部地区の天神川河口で開催しました。あいにくの小雨模様でしたが、県内各地から多数の参加者がありました。「最新情報」のページに報告を載せています。


この冬も東郷池で冬花火を打上げ!天神川のコハクチョウは一斉避難!
(2017.1.14)
 
当支部による再三の要請にもかかわらず、この冬も東郷池でクリスマス花火大会が実施されました。天神川をねぐらとするコハクチョウ約50羽が、例年と同様に花火の音に驚いて一斉に逃げ出してしまいました。詳しくは「最新情報」のページをご覧ください。


12/11に中部地区で第三回目のヒーリングバードを開催しました。 (2016.12.24)
 
 今年の新企画のヒーリングバートは、第三回の中部地区開催をもって好評のうちに終了しました。詳しくは「最新情報」のページをご覧ください。


12/3〜12/4に西部地区で「冬季セミナー+斐伊川探鳥会」を開催しました。(2016.12.07)
 幸い天候にも恵まれマガンの大群を筆頭に、山の鳥と川の鳥、合計57種もの野鳥を確認できました。「最新情報」に報告を載せています。


天神川のコハクチョウからのお願い!東郷池で、冬に花火は打ち上げないで下さい!
                                    
(2016.11.24)
 毎年冬に、シベリアから4000kmもの旅をして鳥取県中部の天神川にやって来るコハクチョウたちからのお願いが、当支部に届いています。
「四年前に始まった東郷池でのクリスマス花火ですが、お願いです! 打ち上げるのは、もう止めてください! 私たちはあの花火の音が怖くてたまらないのです・・・。」
 詳細については、「最新情報」のページをご覧ください。


・「全国鳥類繁殖分布調査」にご協力ください。
(2016/3/20)
 近年の人間活動による自然環境変化と地球規模の気候変動に伴い、日本国内で繁殖する野鳥の生息数やその分布は大幅に変化してきています。環境省は過去の1970年代及び1990年代に全国規模で野鳥の生息分布調査を実施し、日本国内の野鳥の生息状況とその変化の状況を把握して来ました。これらのデータは、日本の生物多様性の評価のための貴重なデータとして各方面で活用されています。

 現在、これらの貴重なデータを更新するための新たな調査を実施すべき時期となっているのですが、調査を実施するために必要な政府予算の目途がいまだに立っていないのが現状です。しかし、この調査は日本国内の環境の変化を把握する上で必要不可欠な調査であるため、「日本野鳥の会」等のNGO団体、環境省、大学の研究者等が共同で調査を実施するべく、自主的に準備を開始しています。

 この調査の内容は、今年2016年から2020年までの五年間に、全国の約2300地点での野鳥の生息調査を少なくとも一回は実施するというものです。鳥取県内では18地点が調査対象地域となっています。この調査に興味がある方は、「全国鳥類繁殖分布調査」のホームページをご覧ください。

 現時点では野鳥の識別には自信が無い方でも、ベテランの調査員の協力者として今年の調査に参加することができます。また、現在は野鳥に関する知識や経験がほとんど無い方でも、調査終了期限の2020年までに識別能力を高めることは十分に可能です。日本の環境の現状を把握してその情報を後世に伝えるための、約20年に一度の貴重な調査です。ふるってご参加下さい。
 不明な点については、本サイトの管理人までご連絡ください。


・湖山池のオオワシの写真(2007年以前のもの)を探しています!
(2016/3/20)
 湖山池に毎年冬にやって来るオオワシは、近年はその存在が広く知られるようになりましたが、この冬で連続23シーズン飛来して来ています。オホーツク海周辺で繁殖するオオワシが毎年飛来する地点としては、湖山池が本州最西端と言ってもよいと思います。

 このオオワシがずっと同一個体であるのかどうかが気になるところですが、近年撮影されたオオワシの写真を調査した結果、翼の白斑部の模様パターンがほぼ同一であることから、少なくとも2008年以降の9シーズンについては同一個体が飛来していた可能性が高くなりました。2007年以前にこのオオワシの翼下面を撮影した写真を調べることで、このオオワシがいつから飛来してきているかを確定できる可能性が出て来ました。オオワシの野外での寿命の正確な記録は今までほとんど無く、まして同一個体を20年以上連続観察しているデータは皆無なようです。

 2007年(平成19年)以前にこのオオワシの写真を撮影された方がおられましたら、是非、その写真の提供をお願いしたいと思います。詳しい内容については「最新情報」のページをご覧ください。


 「1月、2月、3月の当支部主催の探鳥会予定
  (詳細は
「探鳥会情報」のページをご覧ください)

 
当支部の探鳥会は、野鳥に関心のある方はどなたでも参加できます。どうぞお気軽に!

 開催月 開催日  地区  おもな観察場所  探鳥会タイトル 
 2017年1月  1/8(日)  中部  天神川河口、東郷池  「新年合同探鳥会!」
2017年2月 2/5(日)  東部  鳥取市湖山池  「冬の水鳥観察会」
2/12(日)  中部  琴浦町船上山  「スノーシューハイク探鳥会」
2/26(日)  西部  鳥取県西部海岸大山  「楽しいカモメウォッチング」 
 2017年3月 3/12(日)
東部  鳥取市河原町 「千代川・八東川の冬鳥観察!」
3/12(日)  中部  倉吉市関金町大山池 「早春の里山探索探鳥会」
3/26(日)  西部  大山町明間の森 「残雪探鳥会」


 「鳥取県内の自然観察会の予定一覧」(〜2017年2月末)


 県内で開催される野鳥関連の行事や野生動植物の観察会などの予定を紹介します。くわしい内容については、主催施設・団体名をクリックして各サイトに入って確認してください。
 なお、米子水鳥公園は、開館中はいつでも野鳥観察が可能です。

主催施設・団体
(クリックで各サイトに入る)
 開催日  開催場所  イベント名
 米子水鳥公園             1/1(祝) 館内    初日の出! コハクチョウ観察会 
 大山自然歴史館   1/21(土)  館周辺   巨大ブナを見に行こう 
2/18(土)   冬の横手道を歩こう 
 氷ノ山響の森             1/29, 2/5, 2/26 館周辺    スノーシュー ハイク 
 このほかにも紹介したい鳥取県内の自然観察関係のイベントがあれば、当サイトの管理人までご連絡ください。


「更新情報」
 ・2017/02/07 「投稿ギャラリー」にオオタカ、コサメビタキ、ウミアイサ等、10種、21点の写真を追加。
 ・2017/01/14 「最新情報」に天神川コハクチョウ、新年合同探鳥会の記事を掲載。
         「投稿ギャラリー」にオオワシの写真を追加。「探鳥会情報」「観察会予定」を更新。
 ・2016/12/24 「最新情報」に第三回ヒーリングバード開催の報告、「投稿ギャラリー」にオオワシ、
          シマアジ、アカハラ等、6種、11点の写真を追加。
 ・2016/12/07 「最新情報」に「冬季セミナー+斐伊川探鳥会」の報告を掲載。
  
 発信済み情報
  湖山池塩分導入 事業の生態系 への影響 (随時更新中)

  ・他サイトへのリンク

 米子水鳥公園


 氷ノ山「響の森」

  

 けんとさとの野鳥日記」
 当支部会員による野鳥写真の
 ブログです


 「birdie」
 当支部会員による野鳥デジスコ
 写真のブログです


 「南部町のK原さん」
 生き物大好き家族がお送りする
 超不定期ブログです。



 
       クリック!

  

















本サイトへのリンクはご自由に。ただし、サイト中の個別の記事・写真の無断使用や転載は固くお断りします。使用ご希望の場合、事前に管理人までご連絡ください。